日記一覧 | 福山市周辺の不動産をお探しならはるかホーム株式会社にお任せ下さい。

福山市の売買のことなら はるかホーム株式会社へ!!

営業時間9:00~18:00 定休日GW・盆・年末年始

ブログ

BLOG

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

  

今回は、はるかホームで注文住宅を建てられたお客様に、人気のある設備や施工などをランキング形式でお伝えします。

皆さんのお家づくりの参考にしてください。

  

第3位 1階に物干し場を造る

「洗濯して、すぐに洗濯物を干せる場所があれば便利だな」

家事動線を考えた時に、そう思われる方は多いようです。そこで、バルコニーの下など雨が避けられる場所に物干し場を造る施工が人気を集めています。お客様の目に触れやすい、玄関廻りは避け、尚且つ日当たりの良い場所に造ります。2世帯住宅の場合、1階はご両親用、2階に子世代用と分けて造る方もいらっしゃいました。

  

第2位 ニッチにリモコンをまとめる

リビングにニッチを造り、その中にお風呂、エアコンのリモコン、インターホンなどをまとめて入れる施工が密かな人気です。ニッチ内の壁紙をお好みのものにアレンジしたり、タイルを使ったりでき、機器類をすっきりまとめられるので、とってもおしゃれです。

  

 

  

第1位 1階部分の収納

1階部分の収納は、なるべく多く取りたいというご要望が、最も多いです。1階部分の収納については、前回の記事で詳しくお伝えしていますので、ご覧ください。

https://www.haruka-home.co.jp/diary/detail/37561

 

 

 

1階の物干し場や、ニッチにリモコンをまとめるといったアイデアは、ご自身では中々思いつかなかったかもしれません。

お家を建てる際は、私たちプロと一緒に使い勝手や、インテリアをバランスよく考え、一生に一度の素敵な家づくりをしませんか。

 

投稿日:2019/04/18   投稿者:-

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

  

これからお家を建てたり、お家の購入を考えている皆さまは、お家の収納についてどのぐらい必要だとお考えでしょうか。

必要な収納の広さ、数などは、ご家族の人数やライフスタイルによって違いますが、今回は、よくお客様からご要望のある、標準的な収納についてお話しします。

  

◆シューズクローゼット(もしくは土間収納)

玄関に靴箱だけでは、ご家族の靴を全て収納するのは難しくなってきます。そこで最近注目されているのがシューズクローゼットです。ご家族の靴を片付ける、ベビーカーや場合によっては自転車なども収納できるなど、ご家族にとってベストなサイズは違いますが、あると便利な収納です。

  

 

  

◆パントリー&床下収納

キッチン回りに収納があると、ないでは、使い勝手が大きく変わります。日々の食品のストックや災害に備えた備蓄を置ける場所があると便利。実は散らかりやすいキッチンをスッキリさせるためにも、おすすめしています。

  

 

  

◆洗濯脱衣室

洗濯脱衣室にはタオルなどを置くスペースがやはり必要です。洗濯脱衣室の収納も、大きめにとって下着などを収納する方もいますし、タオルなどの最低限のものを置くために、小さめの収納を選ばれる方もいらっしゃいます。

  

  

◆子供部屋

子供部屋の収納は、0.5畳が目安です。子供部屋の収納に関しては、詳しくはこちらの記事を合わせてごらんください。

https://www.haruka-home.co.jp/diary/detail/37216

  

◆主寝室のウォークインクローゼット

お布団を収納するか、しないか。家具を持ち込むか、持ち込まないかで大きく変わるのが、ウォークインクローゼットの棚などの配置です。そのため、ウォークインクローゼットを取り入れる場合は、何を収納するかを、事前に相談することがおすすめです。

  

 

  

ざっと挙げてみると、子供部屋が2部屋あるとして、6個程度の収納があれば、ある程度のものは片づけられます。

ですが、ご家庭によって必要な大きさや、数は変わってきますので、建売住宅の 場合は物件見学の時に、注文住宅は打ち合わせの時に、収納について、ご遠慮なくご相談してください。

投稿日:2019/04/16   投稿者:-

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです

  

「新しいお家にも、これまで使っていた愛着のある家具は持って行きたい」

そうしたご要望をよくお伺いすることがあります。

今回は、よく持ち込みたいとご要望の多いものを中心に、置き場所の確保方法などをご紹介します

  

食器棚

 

食器棚を持ち込む場合は、設計段階で食器棚のサイズやお色味などをお伝えくださいね。食器棚にピッタリとあったスペースを確保し、無駄な場所を造らないように設計することも可能です。食器棚のお色味に合わせたキッチンをお選びいただくと、キッチンに統一感が生まれます

  

ダイニングテーブル

 

リビングの雰囲気を左右する、ダイニングテーブルを持ち込む場合。事前にどのようなダイニングテーブルをお伝えいただいたり、画像を見せていただくことで、全体的に統一感のあるリビングづくりをサポートします。形やサイズによって、置き場所は変わってきますので、事前に配置の相談も承っています。場合によっては、柱の位置などを変更し、対応することもできるのです!

  

整理ダンス

 

ウォークインクローゼットに整理ダンスを入れる時には、注意が必要です。完成後に「やっぱりウォークインクローゼットに、整理ダンスを入れたい」と思われても、造り付けの棚の位置などによっては入らないことも。はるかホームでは、ウォークインクローゼットを造る場合は、事前に整理ダンスを入れるかを伺うようにしています。

  

このようにはるかホームでは、どの家具についても、早い段階で「どの場所に、何を持ち込みたいか」をお伝えいただくことで、置き場所を確保するようにしています。せっかくの注文住宅ですから、愛着のある家具や、使い勝手のよい家具と一緒に生活したいですよね。お客様のご要望に応えられるよう、スタッフ一同取り組んでおりますので、安心してお家づくりは、はるかホームにお任せください♪

投稿日:2019/04/11   投稿者:-

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

 

毎月ご紹介している、新築建売物件情報。

今月は、福山市南部の新涯町5丁目に建つ人気のシンプルモダンなお家をご覧ください

 

玄関を入った場所には、便利な土間収納を設けました。

土間収納には、靴やベビーカーなどをたっぷりと片付けられますので、気になる玄関まわりがスッキリします

 

ホールの先には、18畳のリビングが広がります。

リビングには3か所に窓を取り付け、光が射し込む明るい空間に。

全体的に白を基調とし、フローリングも明るめの色にし、飽きのこない人気のナチュラルスタイルに仕上げました。

 

炊事をしながら、ご家族の様子が見られる対面キッチンは、やはり不動の人気です

カウンターの下部には、大きなニッチを造りましたので、緑や思い出の品などを飾り、お家に個性を持たせられます♪

 

 

リビングに隣接する洗面所には、可動棚を設置した階段収納があり、とっても便利!

洗面所で使うタオルなどのリネン類や、洗剤などのストック、キッチンにも近いので、食品ストックを置いたりと、自由自在に使えます。

 

 

リビング階段から2階に上がると、子供部屋が2部屋と主寝室が1部屋。

子供部屋にぴったりの5.5畳の間取りに、それぞれ物入がついています。お子様がお部屋を散らかさないような間取りですので、ご両親も安心です

主寝室には、広々3畳のウォークインクローゼットがあり、お洋服をたくさんお持ちでもスペースには困りません♪

 

 

このお家は、暮らしやすく、生活に潤いを与える立地もポイントです

福山市の一大イベント、芦田川花火大会がルーフバルコニーから間近で見られたり、近くには広い公園があり、河川敷ではランニングや犬の散歩ができ、生活に憩いが生まれます。

新涯地区には、様々な業種の店舗が集結していますので、朝はコメダ珈琲でモーニング、その後ユニクロや100均でお買い物というように、この地区だけで生活が整うことも人気の理由です。

 

こちらのお家を実際にご覧になりたい方は、はるかホームのお問合せフォームよりお申込ください♪

https://www.haruka-home.co.jp/contact

 

【物件情報】

場所:広島県福山市新涯町5丁目(第1)1号地

価格:2758万円(土地+建物セット価格)

※価格につきましては、web掲載価格で記載しております。

通学区域:新涯小学校、誠之中学校

※近隣に保育園あり

投稿日:2019/04/09   投稿者:-

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

 

皆さまは、お家を建てられる時、子供部屋の広さはどのぐらい必要だとお考えでしょうか。

最近、子供部屋として人気のある広さは、ズバリ5.5畳。

そこに0.5畳の収納をプラスし、合計6畳の広さを子供部屋として用意されるお客様が多い印象です。

 

 

お子様が小さい場合は

「まだまだ子供部屋なんて必要ないわ」

「家族みんなが一部屋で眠れる、大きな部屋がほしい」

といったお声もよく聞かれます。

 

このような場合には、10畳以上の応用がきく、大きなお部屋を造ることがあります。

この部屋は、扉も収納も2つ造ることで、将来的に分割し、2部屋の子供部屋として使えるようにするものです。もちろん、お子様が小さな時は、お子様の広い遊び場として、ご家族の寝室として使っていただけます。

 

小学校高学年あたりになり、それぞれの個室が欲しくなれば、間仕切り家具などで部屋を分割すれば、簡単に2部屋になります。

 

また、0.5畳の収納は、少ないと感じられるかもしれませんが、子供部屋には多くの場合、ベッドと机が入ります。ベッド下に収納がついているものを購入し、衣類はそこに収納する、学校のプリントや勉強道具は勉強机に収納しておくと、意外と収納スペースにも困らないものです。

 

この他にも、はるかホームでは家具が置きやすいように扉を配置する、壁を広くとって、ベッドなどをおきやすくするなどの工夫を行っています。

お子様が小さいと、なかなか子供部屋は現実味がないかもしれませんが、お子様の年齢によって、使い方を変えられる、そんな子供部屋も検討してみてはいかがですか?

投稿日:2019/04/04   投稿者:-