お家に収納はどのぐらいあれば安心? | 福山市周辺の不動産をお探しならはるかホーム株式会社にお任せ下さい。

福山市の売買・不動産のことなら はるかホーム株式会社へ!!

営業時間9:00~18:00定休日GW・盆・年末年始

お家に収納はどのぐらいあれば安心?

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

  

これからお家を建てたり、お家の購入を考えている皆さまは、お家の収納についてどのぐらい必要だとお考えでしょうか。

必要な収納の広さ、数などは、ご家族の人数やライフスタイルによって違いますが、今回は、よくお客様からご要望のある、標準的な収納についてお話しします。

  

◆シューズクローゼット(もしくは土間収納)

玄関に靴箱だけでは、ご家族の靴を全て収納するのは難しくなってきます。そこで最近注目されているのがシューズクローゼットです。ご家族の靴を片付ける、ベビーカーや場合によっては自転車なども収納できるなど、ご家族にとってベストなサイズは違いますが、あると便利な収納です。

  

 

  

◆パントリー&床下収納

キッチン回りに収納があると、ないでは、使い勝手が大きく変わります。日々の食品のストックや災害に備えた備蓄を置ける場所があると便利。実は散らかりやすいキッチンをスッキリさせるためにも、おすすめしています。

  

 

  

◆洗濯脱衣室

洗濯脱衣室にはタオルなどを置くスペースがやはり必要です。洗濯脱衣室の収納も、大きめにとって下着などを収納する方もいますし、タオルなどの最低限のものを置くために、小さめの収納を選ばれる方もいらっしゃいます。

  

  

◆子供部屋

子供部屋の収納は、0.5畳が目安です。子供部屋の収納に関しては、詳しくはこちらの記事を合わせてごらんください。

https://www.haruka-home.co.jp/diary/detail/37216

  

◆主寝室のウォークインクローゼット

お布団を収納するか、しないか。家具を持ち込むか、持ち込まないかで大きく変わるのが、ウォークインクローゼットの棚などの配置です。そのため、ウォークインクローゼットを取り入れる場合は、何を収納するかを、事前に相談することがおすすめです。

  

 

  

ざっと挙げてみると、子供部屋が2部屋あるとして、6個程度の収納があれば、ある程度のものは片づけられます。

ですが、ご家庭によって必要な大きさや、数は変わってきますので、建売住宅の 場合は物件見学の時に、注文住宅は打ち合わせの時に、収納について、ご遠慮なくご相談してください。

投稿日:2019/04/16   投稿者:-