家を建てる時に大切な、地盤調査・地盤改良とは? | 福山市周辺の不動産をお探しならはるかホーム株式会社にお任せ下さい。

福山市の売買・不動産のことなら はるかホーム株式会社へ!!

営業時間9:00~18:00定休日GW・盆・年末年始

家を建てる時に大切な、地盤調査・地盤改良とは?

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

家を建てる時に、必ずしなければいけないのが地盤調査です

家を建てる土地が決まったら、その土地が家を建てても大丈夫かを調査する必要があります。

具体的には、その土地に家を建ててもその重さに耐えられるか、家を建てた後に、地盤が沈下してしまわないかなど。

はるかホームでは、スウェーデン式のサウンディング試験機を用いた調査を実施します。

その結果をもとに、どのような補強をすればよいのかを判定します。地盤改良工事が必要ない地盤の固い土地も多数ありますが、必要な場合改良方法としては・・・

鋼管杭

鋼管杭を用いて、固い地盤に貫入・支持させて、家の沈下を防ぐ工法です。この工法は、地盤自体を固めるのではなく、深い位置にある固い地盤に杭をさし、その杭で基礎を支えます。

柱状改良

安定した地盤までセメントミルクを注入し、土を柱状に固めて、その上に基礎を造る工法です。土の中にコラムと呼ばれるセメント系の物質と土をまぜた柱を造ります。

地盤調査と地盤改良によって、家を建てるのに最適な状態にしてから、基礎工事がはじまります。また地盤には第3者機関による20年の保証と基準適用工事の場合、最高5000万円の保証がついていますので安心です

しっかりとした地盤の上で、安心安全な暮らしを送っていただけるように、はるかホームは常に全力を尽くしています。

投稿日:2019/08/29   投稿者:-