賃貸物件を借りる時に必要なお金は?敷金や礼金について知っておこう | 福山市周辺の不動産をお探しならはるかホーム株式会社にお任せ下さい。

福山市の売買・不動産のことなら はるかホーム株式会社へ!!

営業時間9:00~18:00定休日GW・盆・年末年始

賃貸物件を借りる時に必要なお金は?敷金や礼金について知っておこう

こんにちは。
広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです

はるかホームでは、建売住宅や注文住宅の販売の他に、賃貸物件の仲介業務も行っています。はじめて物件を借りる方にとっては、「敷金」「礼金」といった、入居にかかる費用について不安に思われる方も多いようです。そこで今回は、賃貸物件を借りる時に必要なお金についてご紹介します。

 

敷金は何に使うお金?
敷金は、管理会社や大家さんに預けるお金のことです。物件を引き払う際に、「原状回復」するために充てられたり、家賃の未払いがあった時には、敷金から充当されます。
広島県内を平均すると、敷金は家賃の2.30か月分だそうですが、物件によって敷金の設定金額は違いますので、注意が必要です。原状回復にかかった費用と、未払い家賃を差し引いた金額は、退去時に返却されます。

 

 

礼金は何のためのお金?
礼金は、お家を貸してくれる大家さんに対して支払う「お礼」のような意味合いのお金です。物件によりますが、新しい入居者を迎えるために、リフォームや鍵の付け替えなどを行いますので、それに対するお礼という位置づけです。広島県内では約1か月の礼金を設定している物件が多いのですが、最近は礼金ゼロの物件も増えてきました。

この他にも、物件によって違いますが、入居月の日割りの家賃や、2年毎の更新料が必要なこともあります。逆に、敷金礼金ゼロの物件もあるので、どの部屋を借りたらいいのか迷われるかもしれません。そうした時は、賃貸の専門スタッフがいるはるかホームに、相談してくださいね。

 

投稿日:2020/07/23   投稿者:-