日記 2019年4月 | 福山市周辺の不動産をお探しならはるかホーム株式会社にお任せ下さい。

福山市の売買・不動産のことなら はるかホーム株式会社へ!!

営業時間9:00~18:00定休日GW・盆・年末年始

ブログ

BLOG

別ウィンドウにてGoogleでの検索結果が表示されます。

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

 

これまで定期的にお家のリフォーム事例を見ていただきましたが、今回は事務所のリフォーム事例をご覧ください。一般のご家庭にも応用できる、外壁塗装についてご説明します。

 

 

元々は淡いピンクの外壁でしたが、時間の経過と共に、全体的に少し色褪せてきてしまいました。そのため、外壁を塗り替えることにし、カラーもアイボリー系に変更。2色のアクセントカラーをプラスしたことで、よりオシャレな雰囲気に仕上がりました。

 

 

 

事務所入り口にあたる1階部分は、お客様をお迎えする大切な場所です。リフォーム後は、建具に赤茶の塗装を施し、落ち着いた印象を与えるように変化しました。アイボリー系の外壁で明るさも加わり、気持ちのよい駐車場に。

 

バルコニー部分は、全面ウレタン塗膜防水工事を行いました。見た目がすっきりとしたのに加え、防水工事も長く快適にお使いになるためにはとても大切です。

 

ご自身ではあまり見る機会のない屋根も、やはり時間の経過とともに劣化してきます。今回は、お施主様がこだわられたグリーン系に塗装し、外観のよいアクセントになりました。

 

 

 

お家のお手入れの中でも、外壁と屋根の塗装はとっても重要!

お手入れをすることで、長く快適に過ごせるようになります。

「でも、今の外壁の模様が気に入っているから・・・」

と躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。

目地(外壁の模様)まで、一緒に塗装する会社もありますが、はるかホームでは外壁の模様をそのまま残して、塗装し直す施工も行っていますので、お気に入りの模様はそのままに、新しく生まれ変わることができます

 

「自分の家の屋根がどうなっているか、ちょっと心配だな」という場合には、高所カメラを使って見えづらい部分も点検し、リフォームが必要かご相談に乗っていますので、気になる方はぜひお問合せください。高所カメラを使った点検や、リフォームのご相談は無料で行っています。

 

この他にも、お住まいのお家について、気になることがあれば、はるかホームにお任せくださいね。

 

リフォームやお家に関するお問合せはこちらからどうぞ

https://www.haruka-home.co.jp/contact

投稿日:2019/04/25   投稿者:-

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

  

今回ご紹介するリフォーム事例は、壁のリフォームです。

お客様から

「巾木(はばき)にホコリが溜まるのを何とかしたい」というご相談を受け、既存の巾木の厚みと同等のエコカラットをおすすめしました。

 

エコカラットは、普通の壁紙とは違い、厚みがあるので、巾木にホコリが溜まる心配がありません。

機能性が高く、湿度が高い時は湿気を吸収し、乾燥している時は湿気を放出する、調湿効果に優れています。その他にも、臭いの脱臭効果、有害物質を吸着し、低減する作用など、メリットがたくさん!

 

  

このご家庭がエコカラットにされた理由がもう一つあります。

元気のいいお子様がついつい壁紙にいたずらをして、壁紙を剥がしてしまっていたそうなのです。

壁紙を何度も張り替えるには、手間とコストがかかりますので、この際頑丈な壁紙にかえることで、お子様がいたずらできないようにしたい、そういう理由からもエコカラットはお客様に適したものでした。

  

  

エコカラットは調湿建材では難しかった、水拭きによるお手入れが可能です。

お子様が万が一落書きをしてしまっても、水拭きでさっとふき取れるので安心です。洗剤を使うと、頑固な汚れも落ちますので、ジュースやコーヒーの染みなども残らずキレイに。

  

リフォームは、古いお家を新しく蘇らせるだけでなく、今回のように比較的新しいお家でも、もっと快適に暮らすためのリフォームもあります。はるかホームでは、様々な形態のリフォームをおこなっていますので、今お住まいのお家で、困ったことがあれば何でもご相談ください。

投稿日:2019/04/23   投稿者:-

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

  

今回は、はるかホームで注文住宅を建てられたお客様に、人気のある設備や施工などをランキング形式でお伝えします。

皆さんのお家づくりの参考にしてください。

  

第3位 1階に物干し場を造る

「洗濯して、すぐに洗濯物を干せる場所があれば便利だな」

家事動線を考えた時に、そう思われる方は多いようです。そこで、バルコニーの下など雨が避けられる場所に物干し場を造る施工が人気を集めています。お客様の目に触れやすい、玄関廻りは避け、尚且つ日当たりの良い場所に造ります。2世帯住宅の場合、1階はご両親用、2階に子世代用と分けて造る方もいらっしゃいました。

  

第2位 ニッチにリモコンをまとめる

リビングにニッチを造り、その中にお風呂、エアコンのリモコン、インターホンなどをまとめて入れる施工が密かな人気です。ニッチ内の壁紙をお好みのものにアレンジしたり、タイルを使ったりでき、機器類をすっきりまとめられるので、とってもおしゃれです。

  

 

  

第1位 1階部分の収納

1階部分の収納は、なるべく多く取りたいというご要望が、最も多いです。1階部分の収納については、前回の記事で詳しくお伝えしていますので、ご覧ください。

https://www.haruka-home.co.jp/diary/detail/37561

 

 

 

1階の物干し場や、ニッチにリモコンをまとめるといったアイデアは、ご自身では中々思いつかなかったかもしれません。

お家を建てる際は、私たちプロと一緒に使い勝手や、インテリアをバランスよく考え、一生に一度の素敵な家づくりをしませんか。

 

投稿日:2019/04/18   投稿者:-

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

  

これからお家を建てたり、お家の購入を考えている皆さまは、お家の収納についてどのぐらい必要だとお考えでしょうか。

必要な収納の広さ、数などは、ご家族の人数やライフスタイルによって違いますが、今回は、よくお客様からご要望のある、標準的な収納についてお話しします。

  

◆シューズクローゼット(もしくは土間収納)

玄関に靴箱だけでは、ご家族の靴を全て収納するのは難しくなってきます。そこで最近注目されているのがシューズクローゼットです。ご家族の靴を片付ける、ベビーカーや場合によっては自転車なども収納できるなど、ご家族にとってベストなサイズは違いますが、あると便利な収納です。

  

 

  

◆パントリー&床下収納

キッチン回りに収納があると、ないでは、使い勝手が大きく変わります。日々の食品のストックや災害に備えた備蓄を置ける場所があると便利。実は散らかりやすいキッチンをスッキリさせるためにも、おすすめしています。

  

 

  

◆洗濯脱衣室

洗濯脱衣室にはタオルなどを置くスペースがやはり必要です。洗濯脱衣室の収納も、大きめにとって下着などを収納する方もいますし、タオルなどの最低限のものを置くために、小さめの収納を選ばれる方もいらっしゃいます。

  

  

◆子供部屋

子供部屋の収納は、0.5畳が目安です。子供部屋の収納に関しては、詳しくはこちらの記事を合わせてごらんください。

https://www.haruka-home.co.jp/diary/detail/37216

  

◆主寝室のウォークインクローゼット

お布団を収納するか、しないか。家具を持ち込むか、持ち込まないかで大きく変わるのが、ウォークインクローゼットの棚などの配置です。そのため、ウォークインクローゼットを取り入れる場合は、何を収納するかを、事前に相談することがおすすめです。

  

 

  

ざっと挙げてみると、子供部屋が2部屋あるとして、6個程度の収納があれば、ある程度のものは片づけられます。

ですが、ご家庭によって必要な大きさや、数は変わってきますので、建売住宅の 場合は物件見学の時に、注文住宅は打ち合わせの時に、収納について、ご遠慮なくご相談してください。

投稿日:2019/04/16   投稿者:-

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです

  

「新しいお家にも、これまで使っていた愛着のある家具は持って行きたい」

そうしたご要望をよくお伺いすることがあります。

今回は、よく持ち込みたいとご要望の多いものを中心に、置き場所の確保方法などをご紹介します

  

食器棚

 

食器棚を持ち込む場合は、設計段階で食器棚のサイズやお色味などをお伝えくださいね。食器棚にピッタリとあったスペースを確保し、無駄な場所を造らないように設計することも可能です。食器棚のお色味に合わせたキッチンをお選びいただくと、キッチンに統一感が生まれます

  

ダイニングテーブル

 

リビングの雰囲気を左右する、ダイニングテーブルを持ち込む場合。事前にどのようなダイニングテーブルをお伝えいただいたり、画像を見せていただくことで、全体的に統一感のあるリビングづくりをサポートします。形やサイズによって、置き場所は変わってきますので、事前に配置の相談も承っています。場合によっては、柱の位置などを変更し、対応することもできるのです!

  

整理ダンス

 

ウォークインクローゼットに整理ダンスを入れる時には、注意が必要です。完成後に「やっぱりウォークインクローゼットに、整理ダンスを入れたい」と思われても、造り付けの棚の位置などによっては入らないことも。はるかホームでは、ウォークインクローゼットを造る場合は、事前に整理ダンスを入れるかを伺うようにしています。

  

このようにはるかホームでは、どの家具についても、早い段階で「どの場所に、何を持ち込みたいか」をお伝えいただくことで、置き場所を確保するようにしています。せっかくの注文住宅ですから、愛着のある家具や、使い勝手のよい家具と一緒に生活したいですよね。お客様のご要望に応えられるよう、スタッフ一同取り組んでおりますので、安心してお家づくりは、はるかホームにお任せください♪

投稿日:2019/04/11   投稿者:-