日記 2019年6月 | 福山市周辺の不動産をお探しならはるかホーム株式会社にお任せ下さい。

福山市の売買・不動産のことなら はるかホーム株式会社へ!!

営業時間9:00~18:00定休日GW・盆・年末年始

ブログ

BLOG

別ウィンドウにてGoogleでの検索結果が表示されます。

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

 

どうせ家を建てる(購入する)なら、両親と一緒に住みたい!と、二世帯住宅を選ばれる方もいらっしゃいますが、二世帯住宅のメリットとしては・・・

・両親と毎日顔を合わせることができる(両親の健康状態などがわかる)

・お孫さんの顔をいつでも見てもらえる

・二世帯で資金を出せば、一世帯よりも負担額が減る

ということが挙げられます。

 

 

はるかホームには、二世帯で暮らしていただけるような、広さがたっぷりとある建売住宅もご用意していますが、水廻りや、玄関などを別々にする場合は、注文住宅で二世帯住宅を建てていただくことになります。

 

営業担当も設計士も、二世帯住宅を扱った経験がありますので、その経験を基に、どの程度二世帯がかかわりを持って暮らしたいかなどをお伺いし、プランを作成していきます。

プライベートはある程度大切にしたい方、二世帯住宅よりも、同居に近い形で暮らしたい方など、それぞれのニーズによって、間取りやプランなどは全く変わってきます。

二世帯で暮らしたいと思われたら、どのぐらいの広さの土地や建物面積が必要なのか、双方にとって暮らしやすい土地探しなど、トータルでご相談にのっている、当社にご相談いただけたら安心です。

 

ご家族が末永く、幸せに暮らしていける家づくりを実現するために。「今すぐじゃないけど、ちょっと話を聞いてみたい」そんな方でも、いつでもご遠慮なく、お問合せください。

投稿日:2019/06/27   投稿者:-

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

総務省の発表によりますと、日本の空き家率は年々上昇していて、住宅のうち、約10軒に1軒の割合で空き家になっているそうです。同じように使われないまま、放置されている土地の割合も上昇しています。

せっかく、ご両親や、親戚から相続されても

「仕事の関係で福山には住めない」

「アパートを相続したけれど、どう管理をすればいいのか・・・」

と困ったまま放置されている方にとっては、固定資産税を払うだけになってしまいます。

最近では

「老人ホームに入るから、思い切って資産を売却したい」といったシニア世代からのご依頼も増えてきました。

どちらの場合も、土地を売って現金化することで、不安も解消されます。はるかホームでは、住宅の建築の他に、土地の売買も行っていて、多くの悩めるお客様からご相談をお受けしています。

まずは、ご自身の土地がどのぐらいの価値があるのか知ることから、売買をスタートされるお客様がほとんど。はるかホームでは、査定に関しては無料で行っていて、査定をしたからといって必ず売らないといけない、ということはないので安心です。

土地に関するお悩みのある方は、「土地の価値を知る」ところから、お悩み解決に向けて行動されてはいかがでしょうか。

無料査定のお申込みはこちらからお気軽に

https://www.haruka-home.co.jp/sale_assessment

投稿日:2019/06/25   投稿者:-

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

注文住宅を建てる際に、お部屋の雰囲気を決定づけるものの一つとして、フローリングがあります。そこで今回は、タイプ別にフローリングの選び方についてご紹介します

リビングのフローリングの選び方

フローリングの色や柄、幅などの大きさは各メーカーによってさまざま。お好みのインテリアに合わせたものを選びましょう。また、床暖房を使うには、床暖房対応のフローリングを選んだり、可動式の家具を使う場合は、キャスター対応型の傷がつきづらい物を選ぶなど、用途によっても使い分けるのがオススメです。

キッチン・トイレ・お風呂のフローリングの選び方

フローリングは木製品ですので、水廻りに使用する場合は、水に強いタイプのものを選ぶか、タイルやビニールクロスなどを使うといった方法もあります。フローリングを使用する場合は、汚れがつきにくい加工がされたもの、お手入れのしやすい表面の溝が少ないものなどを選ぶとよいですよ。

ペットがいるご家庭のフローリングの選び方

表面がツルっとした材質のものは、ペットにとって歩きづらく、ストレスがかかる場合があるそうです。最近では、ペットが歩きやすいように配慮されたものもありますので、室内でペットを飼われる場合は検討してみてはいかがでしょうか。ペットがフローリングを汚した時に、簡単にお手入れができるものや、いたずらをしても傷がつきにくいものも検討してみてください。

はるかホームでは、フローリング選びを、設計士やインテリアコーディネーターなどがお手伝いしています。実際に生活された後のことまで考えた家づくりは、お客様だけでは難しいかもしれません。お客様のライフスタイル、持ち込まれる家具やペットのことまで考慮した暮らしをご提案していますので、家づくりに悩んだ時は、いつでもお気軽にご相談くださいね。

投稿日:2019/06/20   投稿者:-

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

 

前回に引き続き、お家のメンテナンス方法についてご紹介します。今回はお家の各所のメンテナンスの目安時期についてです。

 

外壁塗装

購入後10~15年経ったら、外壁のメンテナンスをオススメします。外壁塗装は、家全体を保護する役割があり、その外壁が劣化すると、雨漏りなどの原因になります。壁の内部に水が入ると、建物の性能や強度が劣化し、よいことはありません。目視でのひび割れを発見した場合などは、10年未満でもメンテナンスの必要がある場合もありますので、定期的に外壁をチェックし、気になる部分は早めに修理しましょう

 

屋根・屋上

家の中で、最も風雨や日光に晒されている部分は、屋根・屋上ですが、普段見ることが少ない場所でもありますので、見落としがちな部分でもあります。屋根は、購入後12~16年でメンテナンスをするとよいと言われていますので、外壁と同時に定期点検を行ってみてください

 

 

 

給排水管

毎日使いけれど目に見えない給排水管は、大体5年毎に高圧洗浄でのメンテナンスをおすすめします。油、かみの毛、石鹸カスなどの汚れが蓄積された給排水管は、いきなり詰まってしまう場合もありますので、安心して修理のできる会社を事前にピックアップしておくことも大切です。排水管の大規模なメンテナンスは18~22年程度だといわれていますが、30年以上経過したお家でも問題なく使えている場合もあり、こればかりは運・不運にも左右されるようです。

 

水廻り

キッチン・お風呂・洗面台・トイレといった水廻りの耐久年数はどれも15~20年。水廻りも給排水管同様に、いきなりトラブルがおこってしまう場所ですので、事前に信頼できる会社をピックアップしておくことが大切です。水廻りのトラブルで大切なのは、床下に水が入り込み、性能・強度が劣化してしまうことを防ぐことですので、トラブルが起きた場合はすぐ対処できるようにしておきましょう。

 

 

 

はるかホームでは、「はるか あんしん サポートクラブ」で、お客様のご購入後の暮らしをサポートしています。今回ご紹介した、排水管や水廻りの急なトラブルにも随時対処していますので、購入後も安心です。また、外観や屋根のリフォームも行っています。皆さまも、住宅を購入する際は、アフターフォローもしっかりとしている会社を、選んでみてはいかがでしょうか。

 

はるかあんしんサポートクラブその1

https://www.haruka-home.co.jp/diary/detail/32045

はるかあんしんサポートクラブその2

https://www.haruka-home.co.jp/diary/detail/32103

投稿日:2019/06/18   投稿者:-

こんにちは。

広島県福山市で皆様の住まいをトータルサポートしている、はるかホームです。

 

家を購入した後は、ぜひこまめにメンテナンスを行っていただきたいと思います。今の家は性能が上がり、以前よりも傷みづらく、長持ちするようになってきていますが、さらに長持ちさせるためには、やはりご自身でのお手入れは不可欠。

今回は梅雨の時期こそ気をつけたい、湿気対策についてご紹介します。

 

 

 

湿気対策として有効なのは、除湿と調湿です。湿気を取り除く除湿と、湿度が高い時は湿気を取り除き、湿度が低い時は湿気を放出させる調湿、その両方を駆使して、快適な住まいを維持しましょう。

 

除湿対策

古くから除湿のために使われてきた備長炭は、今でも現役で活躍中です。備長炭そのものを湿気の多い押し入れや、クローゼットに入れてもいいですし、備長炭の特徴を活かした、除湿剤、除湿シートなども有効です。ただし、除湿には限界がありますので、定期的な換気を心がけてください。

 

調湿対策

昔の日本家屋は、土壁・畳・障子・ふすまなどを用い、これらが調湿の役割を担ってきました。ですが、現代の家は、気密性が向上した代わりに、こうした建材が使われなくなってきました。近年では珪藻土が再注目されてきましたが、エコカラットという壁材でも注目されています。エコカラットは、調湿作用に優れ、さらに臭いや有害物質も吸着するとあって、玄関・リビングなどさまざまな場所で活躍しています。

 

 

 

このように、湿気が気になる今の季節は、除湿対策と換気で湿気をなるべく屋内にため込まないようにしましょう。また、年間を通して快適に過ごすためには、今の壁紙をエコカラットにリフォームすることもオススメ。エコカラットへのリフォームは施工実績が豊富なはるかホームへご相談ください。

 

エコカラットリフォーム事例

https://www.haruka-home.co.jp/diary/detail/37564

投稿日:2019/06/13   投稿者:-