こだわり施工 | 福山市周辺の不動産をお探しならはるかホーム株式会社にお任せ下さい。

福山市の売買のことなら はるかホーム株式会社へ!!

営業時間9:00~18:00定休日GW・盆・年末年始

01

住まいを建てる前に、それぞれのお客様の敷地の環境を徹底して調査します。
その上で、スウェーデン式サウンディング試験機を用いた地盤調査をし、最適な地盤補強の仕様を判定します。また、20年の地盤保証を基準適用工事の場合、最高5000万円までの保証をつけさせていただいております。

01_image

地盤改良

02_image

02

「柱状改良工法」は、安定した地盤までセメントミルクを注入して土を柱状に固め、その上に基礎をつくる工法です。土の中にコラムと呼ばれるセメント系固化剤(地盤改良用セメント)と土を混ぜた柱をつくります。

03_image

03

「鋼管杭工法」は、鋼管杭を用いて硬い地盤に貫入・支持させることにより、住宅の沈下を防ぐ工法です。「柱状改良工法」や「表層改良工法」と違い、地盤自体を改良し固めるのではなく、深い位置にある硬い地盤に杭をさして、その杭で基礎を支える工法です。軟弱地盤が深く、「柱状改良工法」や「表層改良工法」を利用できない場合はこの「鋼管杭工法」を利用します。不同沈下を起こしてしまった建物の基礎を元通りにする手段としても、この「鋼管杭工法」を利用します。

基礎工事

04

基礎土間ベースは厚さ150mm、立上り高は400mm、立上り幅を150mmとし、地盤に施工された鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃すことが出来ます。又、地面を防湿フィルムとコンクリートで覆うのでシロアリの侵入を防ぎ、地面からの湿気を防ぐ効果もあります。

04_image

05

将来的にリフォームする際に、維持管理の更新が容易にできます。

05_image

06

木製の束に代えて溶融亜鉛メッキの鋼製束を使用、木製束のようなそり曲がり収縮もない上、シロアリの侵害を受けることもありません。万が一、大引きが狂った場合でも簡単に高さ調整することができます。ベタ基礎との併用で防湿防蟻対策は万全となります。

06_image

07

従来の床下換気口に比べ基礎の立ち上がり部分に欠損がないために地震等の大きな外力に対して強度が大幅に向上しました。また、基礎パッキングの採用により全周囲換気が可能となって換気性能が1.5倍〜2倍にアップしました。よって、土台の腐れを防ぎ、シロアリや腐朽菌を寄せ付けない床下の環境をつくります。

07_image

08

基礎の鉄筋の太さや間隔、柱の位置や筋交いの取付状況、引渡し後の不具合として多い雨漏りの対策として、雨水の侵入を防ぐ部分などをチェックします。

08_image

09

基礎天から1mまでの柱に全て10年保証のシロアリ防蟻処理をしています。また、散布した薬剤は土壌や木部からほとんど発散しないので、シックハウスや室内空気汚染などの人体への影響はありません。(基礎パッキンにて10年保証)

09_image
10_image

10

建物の耐震性、耐久性を高めるため、筋交いや土台の補強には認定金物を使っています。ホールダウン金物は基礎と柱をしっかりつなぎ地震の横揺れから建物を守ります。

11_image

11

柱は集成材を使用。同じムク材の1.5倍の強度があります。梁桁等は乾燥剤を用い含水率を15%以下に抑えています。そりや割れの発生が非常に低い厳選されたものだけを使用しています。

12

12スマホ用

剛床工法として構造用合板28mm厚を1階および2階の床に下地として密着し、横方向にかかる揺れを面で分散します。床鳴りやたわみ、振動の発生を限りなく抑えています。

12_image

13

13スマホ用

構造用合板28mm厚の上に12mm厚のフローリングを貼っていきます。床厚40mmとなります。

13_image

断熱・内装工事

ロックウール仕様

smp_ロックウール仕様

壁・天井

smp_壁・天井

14

天然岩石あるいは鉱滓などを高熱溶解して繊維化した人造無機質繊維で環境にやさしく安全性に優れた保湿断熱材です。

14_image

床下

smp_床下

15

ビーズ法ポリスチレンフォーム断熱材。
優れた撥水性が内部結露を防ぎ、断熱効果を持続させます。ノンフロン製造で、炎を遠ざけると自然に消える素材を使用しています。

15_image

遮熱シート

smp_遮熱シート

16

モルタル塗り下地に使うアスファルトフェルトの約50倍という優れた透湿性を備え機になる壁全体の水蒸気を外部へ排出して、結露の発生を防ぎます。

16_image

アクアフォーム仕様

smp_アクアフォーム仕様

壁・天井

smp_壁・天井

17

高い断熱性と気密性を誇るアクアフォーム。複雑な構造の住宅にも吹き付けて発砲させるから隙間なく施工できます。また自己接着能力によって強力に接着するので、長時間にわたって優れた気密・断熱性を維持します。高い気密・断熱性を持つ住宅は省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を低減します。

17_image

床下

smp_床下

18

smp_18

温度を一定に保つことで冷暖房のエネルギー消費を抑える効果があります。水の重さの1/30の軽さでありながら、圧縮強さに優れ、極めて丈夫です。ノンフロン化でオゾン層破壊、地球温暖化といった地球規模の環境問題に対応した環境対応型断熱材です。

18_image

遮熱シート

smp_遮熱シート

19

アルミ蒸着層2層を設けることでより効果的な遮熱が可能です。赤外線を75%反射します。

19_image
20_image

20

次世代エネルギー基準に適合してさまざまな環境に対応する「複層ガラス」。遮音・遮熱・断熱に優れたペアガラスを採用しています。また、サッシ下枠と縦枠取り合い部のパッキン不良が原因の漏水をあらかじめ想定し、防水補助剤で縁切りし、躯体への漏水を防止します。Low-Eペアガラスが標準です。

21_image

21

ホルムアルデヒドがたまりやすい壁・天井の裏側からの透過を抑止し、また、室内の様々な発生源から放散するホルムアルデヒドを吸収分解する「ハイクリンボード」を採用しています。

外壁工事

22

14mmタイプ(釘直留めタイプ)と16mmタイプ(金具留めタイプ)を使用しています。親水性の効果で空気中の水分子を取り込んで外壁表面に薄い水分子膜を作り、汚れを浮かせて雨で洗い落とすセルフクリーニング機能で家の美しさを持続させます。

22_image

23

防水の役割を果たし、家に雨が侵入するのを防いでくれます。

23_image01

瓦桟の下を雨が流れるように突起物がついています。

23_image02

24

耐力壁に不燃性の高い構造用合板9mmを使用しています。壁を面で支えることで、地震や災害にも強い安全な住まいを実現しています。日本の伝統工法である木造軸組み工法に加えて二重壁工法を用いることでさらに強い家を実現しています。

24_image

25

構造用ハイベストウッドのせん断性能は、構造用合板のおよそ2倍。本震での破壊がなければ体力を発揮し、繰り返しの余震にも耐力が保てます。シロアリ・腐朽菌におかされにくく、地震や台風に強い安全性。しっかりあなたの家を守ります。

25_image

26

MIRAIE

「MIRAIE(ミライエ)」は、高減衰ゴムテクノロジーで新開発された高減衰ゴムを採用、振動エネルギーを熱エネルギーに変換することで地震の揺れを効率よく吸収します。これにより突然の地震や、その後も繰り替え位発生する余震の揺れを効果的に吸収し続けることで家の損傷を軽減します。

26_image